青汁三昧のケール

さまざまな青汁に使われ基本の材料となっている野菜、ケールは、青汁三昧にも三大原料の一つとして含まれています。このアブラナ科に属する野菜は、和名では羽衣甘藍(ハゴロモカンラン)と呼ばれることもあり、キャベツの原種とされることもあります。

青汁三昧の材料の1つであるケールは、江戸時代にはじめて日本にやってきたのち、明治時代にいくつかの品種が導入されました。ケールという野菜は、日頃あまりなじみがないものであるばかりか、普通に調理してもあまり美味しくありません。このため、一般的な八百屋やスーパーマーケットでは取り扱っていません。

しかしながら、青汁三昧の材料となっているケールには、ビタミンAとCがたくさん含まれています。また、ビタミン含有量が豊富な緑黄色野菜の一つでもあります。従って、青汁三昧は普段不足しがちになる栄養素を効率よく補うことができます。

こうしたことから、体の免疫作用を高めるためにも有効と言えます。青汁三昧のケールは、中国の雲南省にある昆明(クンミン)の広々とした畑で栽培されたものです。

年間を通して温暖である気候、天然の湧き水、ミネラル分を多く含む土壌といった良質の条件は、青汁三昧に使われているケールを美味しくしています。

この青汁三昧の原料となるケールについては、雑草や害虫の除去は手作業で行われていて、肥料も有機肥料を施されています。


青汁いろいろ(楽天ショップ)

甜茶(てんちゃ)を飲んで家族健康

明日葉茶についてご紹介

イチョウ葉エキスについてご紹介

話題のサプリメント特集

体のお悩み解決サプリメント

健康に役立つサプリメントの知識