青汁三昧のゴーヤー

青汁三昧には、ゴーヤーが三大原料として含まれています。ゴーヤーは沖縄ではよく知られている野菜で、最近ではスーパーなどでも扱われるようになりました。

青汁三昧に用いられているゴーヤーは、苦瓜とも呼ばれるほど苦い味をしています。このゴーヤーの苦みは血をきれいにして血圧を安定させる効果があると沖縄では古くからいわれていました。

ゴーヤーは、ビタミンCやカリウムといった成分を豊富に含むことから健康に良く、青汁三昧に適した野菜です。青汁三昧のゴーヤーの苦みは果皮に含まれるモモルデシンとチャランチンという成分です。この成分は、血糖値を下げ、コレルテロールを減少させる効果があることが分かっています。

また、ゴーヤーの果実や種にあたる部分には、人間の体内でガン細胞に対抗できるナチュラルキラー細胞を活性化させる成分も入っています。このため、ガンの進行を押しとどめる効果を期待されています。

青汁三昧が使用しているゴーヤーは、中国の安徽省合肥などの地域で栽培されているものです。普通夏に採れる野菜であるゴーヤーを違う季節であっても入手できるように、中国各地でネットワークを組んで栽培しています。そのようにすることで、青汁三昧を作るために一年を通して品質の高いゴーヤーが入手できるように工夫されています。


青汁いろいろ(楽天ショップ)

甜茶(てんちゃ)を飲んで家族健康

明日葉茶についてご紹介

イチョウ葉エキスについてご紹介

話題のサプリメント特集

体のお悩み解決サプリメント

健康に役立つサプリメントの知識